赤ちゃん

UPDATE LIST

不妊で付きまとう心の葛藤

不妊で辛いと感じることは、子どもが一人いるからこそ出かける機会の多い子どもが集まる場所や幼稚園、保育園に出向く機会が多いことではないでしょうか。子どもを二人以上なんの問題もなく授かった人から見れば、不妊なんて子どもを1人授かることができたのだったら二人目だって授かることは当然できるはずだからそんなの言い訳にしか聞こえないことかもしれません。
また、子どもを通してできたお友達も最初は子どもが1人という人が多くても、ある時期を超えると2人目、3人目と妊娠出産をするお友達も増えてきます。自分も子どもを望んでいるのに周囲から妊娠の報告を受けることは嬉しいはずなのに、どうして自分には赤ちゃんがやってこないのだと羨ましく思ったり、2人目ママたちの会話に混ざりずらくなってしまったりして孤独感を感じることも不妊では多々あります。
そのうちに出かけた先で兄弟や姉妹が仲睦まじく過ごしている光景を見ただけでも悲しくなってくることもあります。自分の置かれた環境で胸を痛めてしまう場面は実はたくさんあります。子どもがいなければ子どもがいる場所に行くのを避けることができますが、子どもがいるのでそうはできない現実が辛いところです。

不妊の辛さは理解が得られにくい

一人目の赤ちゃんの授乳を終え、その子がよちよちと歩きだす頃になるとそろそろ二人目の赤ちゃんのことを考え始めるお母さんも多いと思います。けれど、自分の仕事復帰の問題や、上の子に兄弟と一緒に育つ経験をさせてあげたいと二人目の妊娠を急ぐ状況の中、その思いに反してなかなか赤ちゃんを授からないととても苦しい思いをすることになります。
「赤ちゃんが欲しいのにできない」というのは特に女性にとっては非常に辛い状況で、大きなストレスを抱えているお母さんも多いのですが、不妊の場合はこの悩みをなかなか周囲に理解してもらえないという問題があります。
一人目の赤ちゃんを授からない不妊の女性からは「一人いるんだからいいじゃない」と思われ、周囲からは一人は授かることができたのだから努力の問題と思われているのか、「早く兄弟を作ってあげた方がいい」などと逆に責められるように意見されたりして、不妊に悩むお母さんの悩みに真剣に寄り添ってくれるような言葉はあまり聞かれません。
しかし、公園や児童館、幼稚園などで同じように不妊に悩んでいるお母さんに出会えることもあります。不妊のようなデリケートな問題は、同じ悩みを持った女性と愚痴を言い合ったりすることが一番ストレス解消になるのではないかと思います。そういった仲間を見つけることで、お互いが勇気づけられて頑張ることができたら素晴らしいのではないでしょうか。

不妊の対策は漢方治療より妊活

一人目は普通に妊娠できていたのに、二人目がなかなか出来なくで悩んでいる夫婦は意外と多いようです。不妊の原因に晩婚化が上げられます。男性女性ともに35歳と過ぎると体力も徐々に低下し、それに伴って精子や卵子も受精し難くなる傾向にあります。一人目の育児が一段落ついてから……と考えていると、体力的な問題から妊娠が難しい状態に陥っている可能性があります。
また、今は結婚したからといって家庭に収まる女性は少なく、一人目出産後復職するのが普通になっています。仕事に加え、育児・家事と、女性にかかる負担は決して軽くはありません。そういったストレスもまた、二人目妊娠を難しくしている不妊の要因なのです。二人目を真剣に望むのであれば、まず、不妊漢方治療を考える前に妊娠しやすい環境に生活を整える事から始めた方が良いでしょう。
育児や家事が負担で妊活を考えるゆとりがないのであれば、夫婦で協力して負担の軽減から始めましょう。また、健康状態も妊娠に影響を与えますので、食生活や生活リズムの改善も必要です。子供は「授かり物」ではありますが、授かるためにはまず心身共に健康である事が第一です。育児と生活を楽しむゆとりを作り、妊活すれば良い結果を得られるでしょう。

不妊で病院漢方治療をするなら

最近は不妊で悩んでいる方が増えてきています。不妊は難しい問題でもあるので、決して放っておかずに不妊漢方治療を行っている病院に行くようにしましょう。病院に行く目安としては、不妊になって一年とされています。ですが、とにかく早く妊娠をしたかったり年齢によっては、目安よりも早く受診することをオススメします。いずれにせよ、まずは不妊としっかり向き合うことから始めなければなりません。不妊漢方治療をするのは早いに越したことはないと言われています。不妊漢方治療ではまず、不妊となっている原因を探るところからのスタートとなります。 不妊検査をすることになるのですが、どちらかだけが検査をしても意味がありませんから、二人揃って検査を受けていきます。思わず目を背けたくなるような現実が待っているかもしれませんが、それを乗り越えた先には幸せが待っていることも事実です。一人目の子育てもあることですし、あまり気負わずに家族でリラックスした生活を送っていくようにしましょう。 不妊で病院を受診する場合には、一人目の子供を連れていけるかどうかの確認を忘れずにするようにして下さい。病院によっては他の患者さんへの配慮から、子供を連れてきてはいけないことになっているところもありますので、注意が必要です。

不妊の時に効果が期待できる漢方

「子供は一人でいいかな」と最初は思っていても、段々と一人目の子に愛着がわいてくるにつれて、妹か弟が欲しいと考えることはよくあります。しかし、その時に、一人目は難なく妊娠できたのに、二人目は妊娠どころかその兆候さえ見えないということがあります。これが不妊です。通常不妊と言えば、一人目の妊娠でさえ苦労する人がフォーカスされがちですが、実は一人目は首尾よく妊娠から出産まで行けたとしても、次の子の妊娠のステップになかなか踏み出せない不妊の方が意外にも多いのです。あるいは、もうすでに不妊の状態になっている女性もいるかも知れません。不妊状態にはさまざまな原因があり、一概には言えないのですが、一説には冷え性が関係していると言われています。体が冷えていると全体に栄養がいきわたらなくなり、その結果子宮の機能が低下しているために、不妊という状態になっていると言われています。では、そういったデリケートな体調の乱れからくる不妊はどう改善すべきかというと、それは漢方です。漢方は西洋薬と比べると、体への負担が少ないですから薬剤に抵抗がある人でも安心ですし、あとあと妊娠した時の母体への影響を最小限に抑えられます。漢方は複数の生薬を組み合わせるので、自分に合ったブレンドの漢方を処方してもらえます。


不妊漢方は漢方の葵堂薬局であなたの体質や状況に合わせて漢方をご提供してくれるのです!不妊を改善して、元気な赤ちゃんを授かったという声も多数あります!

二人目を検討する頃私はアラフォー

一人目を30代前半で出産しました。一人目の妊娠の時は困難な妊活をすることなく授かることが出来ました。なので二人目も一人目の育児が落ち着いたら、くらいの気持ちで軽く考えていました。一人目の子供が3歳くらいになり、そろそろ二人目と思った頃には私は30代半ばにさしかかってました。一人目の時のような子作りの仕方ではなかなか出来ないことを知りました。それと同時に「二人目不妊」という言葉もこの時知りました。30代後半になってくると卵子や子宮内膜の老化が原因で不妊になるそうです。せっかく精子と卵子が受精しても子宮内膜に着床せず妊娠するのが難しいのです。私のように二人目の妊娠を希望している時期がすでに高齢になると妊娠する可能性も低くなります。一人目の出産の影響で月経が不順になっている場…

二人目不妊で悩んでいること

最近二人目不妊という言葉はよく聞きます。私の友人でも、かれこれ7年近く子供ができていないと悩んでいる方もいます。私もその一人です。一人目が2歳を迎えたのを機に、二人目について主人と考え始めるようになりました。一人目に関しては、すんなりできたので、二人目もきっとそうだろうと思っていました。しかしなかなか思うようにできずもやもやすることもあります。周りのママ友などはすでに2人目ができている人も多いので、余計に焦る気持ちがあるのかもしれません。二人目不妊になる原因としては色々あるようですが、母親の育児疲れや卵管機能の低下などがあげられるそうです。また、一人目が産まれているので、その子を連れての不妊外来通いは精神的にも辛いとも聞きます。一人目が産まれたから、すぐに二人目ができる…

二人目不妊に悩んでいる人は多い

私の周辺でも二人目不妊で悩んでいる人が結構多いです。一人目は欲しいと思ったタイミングで授かったのに、なかなか二人目を授かれないということで、なかなか人にわかってもらえない悩みだそうです。人によっては「一人でも子供がいるんだからいいじゃない」と言ってくる人もいて、その言葉に更に傷つくと親しい人から聞きました。身近にいる二人目不妊で悩んでいる彼女はかれこれ二人目が欲しいと思って3年ほどの期間が経っています。一人目の時は結婚して数か月で赤ちゃんを授かったのですが、今現在は二人目がなかなか出来ず、近所の不妊治療のクリニックに通っているそうです。今はタイミング法を行っているのですが、このままうまくいかない場合はステップアップになるそうです。しかし実際にステップアップすると治療にか…

二人目不妊の原因は加齢や難産によるダメージ

自分たちの子供と言うのは本当に可愛くて、一人目も欲しいと考える女性は80%を超える程だそうです。しかし、その二人目が出来ない「二人目不妊」という言葉がある位悩んでいる方も多いそう。その原因は年齢や出産時のトラブルにあったのです。【二人目不妊の原因とは?】一人目を出産され、子育てをしていると「二人目も欲しい」と思う夫婦は多いそう。しかし、その二人目がなかなか出来ない「二人目不妊」という事態が起こることがあるようです。その主な原因の一つとして、一人目出産時に難産となってしまったことによる母体へのダメージが原因となる場合があります。その影響で妊娠し辛くなってしまうこともあるほか、クラミジアなどの感染症に罹ってしまい、卵管が詰まってしまうなどの事例があるそう。一人目が無…